赤石FAN

RedStone
レッドストーン


すべては赤石のために


スキルの取得
ゲームを始めたばかりだと、どのスキルを取れば良いか迷うところです。
1キャラクター25種類のスキル、変身すると合計50種類のスキルが取得可能ですから
なにがなにやら、わからなくなると思います。
スキル難易度
全てのスキルには1〜5の難易度が設定されています。
難易度が高いほどスキル習得に必須前提になるスキルとスキルポイントを多く必要とします。
スキル難易度が高いほど、攻撃にしても回復にしても効果が大きくなります。
スキル難易度は、スキル表で確認できます。


公式サイト-スキル表


当サイト-スキル表
(当サイトのスキル表は公式サイトのスキル表と数値が若干違います。
スキル表トップページの説明を確認してください)
スキルレベル上限
スキルの上限はレベル50です。
スキルレベル50になれば、そのスキルをマスターしたことになります。(補正なしで)
25種類あるスキルのどれでも一つをマスター(LV50)すれば、マスタークエストを
受けることが出来ます。

マスタークエストでマスターの称号を取得することで、スキル+補正が付きます。
マスター称号によるスキル補正はMAXで+5まで補正されます。
例:難易度1をスキルマスターしたならスキル+1
  難易度1と難易度2をマスターしたならスキル+3
(難易度5と難易度5をマスターしても補正上限は+5です)

※スキルマスター称号は各キャラクターごとに存在します。


スキル+補正はマスター称号以外に「装備」や「有料アイテム」でも追加可能です。
おおまかなスキルの種類
スキルの種類は、おおまかに
CPチャージスキル」と「CP消費スキル」にわかれます。
CP消費型スキルは基本的に攻撃にしても回復にしても大技のスキルです。

CPチャージスキル スキルを使用する度にCPが溜まっていく。
CP消費スキル 獲得CPより消費CPが多くスキルを使用するとCPが減っていく。

そのスキルが、チャージ型か消費型かはスキル表を見れば確認できます。
スキル表を見ればわかりますが、スキルによってはスキルLVが上がると消費型スキルから
チャージ型スキルへ消費と獲得のバランスが変わるものがあります。


スキルの取り方
スキルの取り方は、一般的に
CPチャージスキルとCP消費スキルを合わせて覚えていきます。


例:ビショップ[回復の場合]
祈り(CPチャージスキル)→ヒーリング(CP消費スキル)


例:ウイザード[攻撃の場合]
フォーベガーチャージング(CPチャージスキル)→メテオシャワー(CP消費スキル)


スキルのレベルは実際に使用してみてバランスを見ながら上げていきましょう。
使えるスキル
あるレベルを過ぎると獲得CPが増えスキル。


例:剣
士サザンクロス(難易度2)スキルLV10境に逆転
例:アーチャー
マジカルアロー(難易度2)スキルLV13境に逆転
例:ウィザード
チリングタッチ(難易度2)スキルLV15境に逆転


CPも溜まりますので、より難易度の高い大技を使う前提として使用できます。
他の職にも同じように攻撃のダメージもありCPもチャージできるスキルが存在します。
スキル表で探してみてください。
※回復スキルは消費のみなので、チャージスキルを別に取るしかありません。
PT用スキル
追加予定




当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。
(C)2007 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.